頬骨削りをしたい場合に知っておきたいこと

エラがはっているのは頬骨よりも筋肉

女性は、自分の顔の大きさを気にしている人が少なくありません。
特に顔が大きい場合には、その自分の顔の大きさを嫌い顔を小さくする努力をするはずです。
太っている人ならば、顔の脂肪さえ落せば一回り小さくすることも可能になるでしょう。
この点に関しては、生まれつきの体質よりも本人の努力がものをいいます。
体重を落とす場合には、定期的な運動をするとともに食事を減らすことで3カ月もすれば結果が出てくるはずです。
ただそれとは別に、体脂肪はそれほどついていないのにエラがはっている場合もあります。
正面から見た場合顔が大きく見えてしまう可能性があります。
この場合、多くの人が思いつくのは頬骨削りで顔を小さくすることでしょう。
なぜかといえば、エラがはっている部分は頬骨が出っ張っている可能性があると考えられるからです。
ただ実際には、頬骨自体はエラとあまり関係ない可能性が高いです。
たいていの場合、エラがはっているのは頬骨よりも筋肉になります。
そのため、頬骨を削るよりも筋肉を落した方がよいといえます。
これは、ボトックス注射を打つことにより解決することが可能になります。
後は、ダウンタイムがどのようになるかが問題になります。

松井医院の頬骨外科手術には、ミニ頬骨削り・ミニ頬骨弓切り・頬骨削り・頬アーチインフラクチャー・頬骨削り骨部縮小再建一式といったものがあります。
頬骨と一口にいっても出っ張りの大きさや角度で削るのか切るのか変わってくるんですね。

— 松井医院 口コミ (@matui593) 2019年7月29日

エラがはっているのは頬骨よりも筋肉注射を2本程度を打つだけで筋肉が小さくなる目的に応じてボトックス注射をする